フレッツ光の勧誘がやばい?

クレームがフレッツ光回線には多数寄せ集められており、そのうちの一つには加入後ひと月くらい過ぎた頃に、唐突にネット接続ができなくなる実例がこざいます。
この実例の場合、最初の設定に間違いのあることがわかって、無事使用できるようになったみたいですが、そんなクレームは毎日のように寄せられているそうです。
契約後のフレッツをクーリングオフするには、契約内容が記載された書面を受領した日から9日目になる前までは書面で申込みの撤回が無条件でおこなえます。
フレッツは契約を強いる勧誘が問題になっており、クーリングオフを検討している人も少ないとは言えません。
クーリングオフが無理な際には、解約のためにお金を支払ってでも解約しようと思う人もいます。
プロバイダの料金が今より安くなるといわれて、今のプロバイダに換えたのですが、間違いだったと思っています。
確かに、値段はかなり出費が減りました。
でも、頻繁にネット接続の不具合が起こったり、回線速度が落ちてしまったりで、今のプロバイダはストレスが溜まるのです。
プロバイダを乗り換えたのは安易な考えだったと、悔いています。
光回線の契約時、回線の速度が速いと耳にしてもあまり想像が浮かばないですよね。
しかし、現実に使ってみると、早いという実感は得られなかったとしても、遅い際は強くストレスと感じます。
普段からどれほどのスピードならば自分が利用するのに快適に感じるか把握しておく必要があると感じます。