リフォーム予算はどのくらい必要?

長い間住み続けていると、少しずつ傷みが目立つようになる住まい。
また10年も経つと家族構成やライフスタイルが変化し、それまでの間取りや設備では家族全員が快適に生活できなくなってしまうこともあるでしょう。
そうしたことから、最近は住み始めてから10年ほどでリフォームを行なうというケースが増えています。
たった10年でもうリフォーム?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、じつは10年単位でリフォームによるメンテナンスを行なうことが、住まいを長持ちさせる秘訣。
また、同じ暮らすのであれば家族みんながより快適な環境で暮らす方がいい、今よりも一層省エネに貢献できる設備や住まいに変えたい、というような理由から築10年を待たずにリフォームされる方も増えています。
では、このリフォーム工事にはどのくらいの予算が必要になるのでしょうか。
築10~20年の標準的な戸建て住宅をリフォームする場合には、点検及び補修や白アリ対策などで50万円程度、給湯器の配管と機材の交換で30万円程度、外壁や屋根の塗装や防水処理を行なう場合は150万円程度、また水回りの設備交換には100~300万円程度がそれぞれ必要になります。