住宅ローン減税は低所得者にも影響する?

住宅ローン減税は、安い中古住宅を購入する予定の低所得者には無関係な話なのでしょうか?住宅ローン減税の恩恵と、低所得者との関係について調べてみました。
そもそも住宅ローン減税とは、納めた税金額に応じて還付されるお金です。
という事は、納税額が少ない低所得者よりも、高所得者の方が、当然ながら戻り分は多いという事。
でも、そこで注目したいのが新設されたばかりの「すまい給付金制度」です。
この制度は、収入金額510万円以下をメドとしています。
住宅ローンを組んで家を購入した場合、10万から30万円の現金給付が行われるという内容です。
ちなみに、現金購入の場合も同じく現金給付があります。
但し、現金購入の場合は、収入金額のメドが650万円以下になります。
http://www.housingloan-tax.com/