社会保険労務士の仕事とは?

社会保険労務士とは、労働関連の法令や、社会保障関連の法令についての書類などの作成代行を行うものの事を言います。
またその他、企業を経営していく上での労務の管理や社会保険に関する相談や指導を業務として行います。
通称は「社労士」、「SR」と言われています。
社会保険労務士は国家資格であり、有資格者でない者が他人から報酬を受けて業務として行う事ができない旨が法律により定められています。
その具体的な業務としては、労働および社会保険に関する諸法令についての書類作成や、提出するための手続きの代行、労働および社会保険関連の諸法令に基づいた申請や異議申し立てなどについて、行政機関に対しての主張などの代理、個別労働関係や男女、育児休業、パートタイマーなど、労働関係紛争において、調停の手続きにおいて紛争の当事者の代理、個別労働関係紛争に関する民間紛争解決手続の紛争当事者の代理、労働社会保険関連の諸法令に関する帳簿の作成などがあります。