住宅ローンで審査が通らない理由とは?

住宅ローンは一般的に審査が厳しく設定されているようです。
審査が通らない理由としてはいくつか挙げられますが、まずは安定した年収があるかどうかが問われます。
サラリーマンの場合、不況業種の場合は厳しく、月給で残業代の占める割合いが30ぱーセントを超える場合は難しくなってしまいます。
また、歩合制の収入の場合でも、長期間に渡る返済で安定した収入を得ることは難しいと判断されるため、審査を通ることは難しくなるでしょう。
審査には年齢的な問題もあります。
基準となるのは40歳前半までで、それを超えている場合は、2世代で返済する契約をしない限り融資を受けることができなくなります。
その他では、他に借り入れが多い場合や過去にローン返済の延滞などのローン事故の履歴がある場合などは融資できない場合がほとんどです。
この場合は、ローン事故から5~10年くらい経過していなければ、借り入れできないことになります。
基本的に長期間返済できる能力があるかどうかで判断されるようです。