フラット35Sの対象となる中古住宅とは?

中古住宅を購入するという場合にもフラット35Sを利用することが出来るのですが、すべての住宅というわけではなく対象となる住宅の条件をクリアしている必要がありますのでチェックしておきましょう。
まず技術基準に適合しているということは当然ですが、購入価格が消費税込で1億円以下の住宅に限ります。
新築住宅と中古住宅では技術基準が異なりますので、新築と中古の違いを明確にしておく必要があります。
中古住宅というのは、申し込み時点で竣工から2年を経過しているもの、もしくはすでに誰かが居住したことがあるという住宅のことを指します。
持ち家が欲しいけれども予算を考えると中古が良いかな...と思っている方は、フラット35Sを利用するともっとお得に購入することが出来るので、適合している住宅を探してみるのも良いでしょう。
フラット35Sの金利優遇と審査基準は?