フラット35などの住宅ローンの審査で年収は気にしなくて良い?

住宅ローンは、よほどのことがない限り、真面目に仕事をしてその収入で生活ができているのなら、収入に応じたローンは通ります。
以前の住宅金融公庫、現在の住宅金融支援機構が行っているフラット35では、年収が400万円以上か未満かで返済比率を分けているだけで、最低ラインというものはありません。
そのため年収1000万円でも、年収に見合った金額であればローンは通ることになります。
また前年勤めていなくても現在安定した収入があれば、勤続何年以上という規定はありません。
銀行の事前審査では、現在はおよそ3.
5%から4.
0%の審査金利で、年収に対する返済比率をおよそ30%から35%として計算しています。
年収が400万円の人なら120万円程度、300万円なら90万円程度が年間返済可能額になります。
そしてその人の年齢と、そのときの審査金利で融資可能額を計算されます。
1歳でも若く、金利の低いときのほうが融資可能額は多くなってきます。